8月 14 2016

FXをはじめるなら外国人投資家や世界の株価の動きも注視しよう

Published by at 12:00 AM under 資産運用

同じ資産運用を行うのであれば、大きく儲けてみたいと思う反面、リスクを考慮すると小さくても良いから安定した資産の増やし方をした方が安心だと考えている方もいらっしゃることと思います。

資産運用には様々なものが現在はあり、FXや外貨預金をはじめ、CFD、不動産投資、株式なども資産運用の手法の一つです。
中でも、FXは昨今良く耳にする投資方法のひとつで、大きく利益を受けられるチャンスも有るとあって株同様に多くの方たちから注目をされている投資手法の一つです。

このFX、入門の方へ向けて少し解説をさせて頂きますが、CFDの一種で、差金決済取引で行われており、口座開設を行い、証拠金を預ける事で最大25倍までのレバレッジを掛けて資産運用を行う事が可能です。
このレバレッジ、初めに預けた証拠金に対しての掛け数という事になります。
例えば、10万円を証拠金として入れている場合、レバレッジ10倍というと、100万円分の取引が行えるという仕組みになっています。
なぜ元手が少ないのに、そんなに大きな賭けをする事が出来るか?という事のイコールが差金決済取引だからという事になります。

FXを行う際に注目しておきたいのが世界の為替相場であることは勿論ですが、世界の株価も視野に入れておいた方がいいという事。
例えば、日本だと日経株価ですが、アメリカの場合だとダウ平均株価やナスダック指数といった大まかなものでも良いので、注視しておくことで、世界の景気の動向がより早く分析できるようになってくるためです。
よく、私達初心者がFXを開始した場合、先ずはレバレッジは2~3倍で、且つ世界の投資家の動きを見ておく方が良いと言われるのはこのためですね。

世界の投資家が保有している株の保有率はとても高く、これらが売却され始めると為替相場にも影響があると言われています。
これが投資初心者の方にとってはどうしてなのか疑問に思われる方も多いと思います。
投資家は株だけを保有しているわけではないという事。
そして、日本の経済先行きに対して不安を抱く事によって株が売られる。
したがって円もドルなどに両替される可能性が非常に高く、実際大きな影響を受けているため、FXを始めるにあたっては世界の株価や為替相場、外国人投資家の動きを注視する必要があるのです。

No responses yet

Trackback URI | Comments RSS

Leave a Reply